葬儀社との打ち合わせ

準備しておくこと

男の人

満足できる形で家族葬をするために、事前に葬儀社としっかり打ち合わせをしておくことが大切です。柏原で家族が亡くなったら、最初に喪主を決めます。喪主は葬儀の主催者となり、家族葬をする場合も大まかな流れや出席者などを最終的に決める責任があります。故人の配偶者か長男または長女が喪主になるのが一般的です。また、まだ葬儀社を決めていない場合は、喪主が葬儀社を決める必要があります。病院側から柏原の葬儀社を紹介してもらえるケースが多いですが、予算内で満足できる家族葬をしたいから、家族葬を中心にしている葬儀社がおすすめです。葬儀社と打ち合わせでは、日時や斎場、祭壇や供物や生花の種類やランク、出席者のおおよその人数などを決めます。また、先祖代々の菩提寺があるなら、菩提寺に連絡をしておくことも大事です。菩提寺が柏原から遠くにある場合は、葬儀社が同じ宗派で柏原にある寺院を紹介してくれます。家族葬のプランが一通り決まったら、見積もりを出してもらいます。家族葬は一般の仏式葬儀よりも安くできるのが魅力です。自前の斎場がある葬儀社を利用すれば、斎場のレンタル代が節約できます。また、寺院つきの斎場は、菩提寺がないけど仏式の家族葬をお手ごろな価格でしたい場合に最適です。葬儀社に支払う費用以外で必要になるのが、僧侶に支払うお布施代です。お布施は菩提寺に挨拶に行って打ち合わせをする時と、家族葬で読経が終わった後に必要です。

確認ポイントをチェック

ロウソク

柏原市エリアでは、家族葬を選択するケースが増えています。家族葬と聞くと費用を安く抑えられるという面しか、メリットが無いと考える方もいるかもしれません。確かに参列者の数が少ない家族葬は、一般葬と比較した場合、大幅に費用は安い傾向にあります。ですが、ただ単に安いというだけでなく、残された家族が余裕を持って葬儀を執り行えるというメリットもあるのです。通常の一般葬の場合、ご遺族は弔問客の対応に追われ、葬儀で余裕を持つという事は難しいでしょう。家族葬であれば弔問客の数自体が少ない為、ご遺族の負担を減らす事が出来ます。このようなメリットもあるので、柏原市でも家族葬は増えていると考えられます。自分が亡くなった際は、家族葬を執り行って欲しいという場合、事前に生前相談を行っておきましょう。柏原市や柏原市周辺の自治体にある葬儀社であれば、おおむね生前相談を受け付けているようです。生前相談をしておく事で、費用など様々な不安点を解消出来ます。ただ、どのような相談を行えば良いのか分からないという方も、多いのではないでしょうか。生前相談を行う際には、いくつかの確認ポイントがあります。家族葬を執り行う為に必要な費用確認は、生前相談で必ず行っておきたいポイントです。どのような内容の葬儀にしたいか、また葬儀の流れというものも生前相談で確認出来ます。自分が亡くなってからは葬儀社や、葬儀の内容を自分で決める事は出来ません。自分らしい家族葬にする為には、生前相談を行う必要があると言えます。

親族のみで見送れるスタイル

式場

家族葬の利点は、故人と生前に一緒に暮らした家族が見守る中で、故人の葬儀を行うことができる点です。そのため柏原では、家族葬のニーズが増えています。また大人数の葬儀の場合は、スケジュールや形式などを重視する人が多いため、故人を落ち着いて見送ることができない場合があります。柏原で家族葬を行う際は、本当に親しい家族や友人が静かに故人を見送ることが可能です。さらに、一般的な葬儀の場合は開始時間の調整も難しいということもあります。この点、家族葬だと参列者の仕事が終わる時間などの時間調整が容易であるという点に魅力があります。そして柏原で家族葬を行う利点としては、故人が生前に好きだった音楽が流れている中で葬儀を行える点です。また柏原では、故人が生前に好んでいた料理を家族が囲んで、故人を供養する通夜も増えています。そして、家族葬のメリットとして挙げられることは、特定の宗教に捉われることなく、葬儀を行える点が挙げられます。そのため無宗教の葬儀も多く行われています。家族葬は故人とゆっくりと別れる時間が設けられる事が通常です。したがって、故人への別れの手紙を朗読する時間もあります。また、家族葬では生前の故人の思い出の品物を囲んだり、思い出のエピソードを語り合うことができ、心温まる葬儀が可能となります。さらに故人の親友を呼ぶことで、家族も知らなかった故人のエピソードを知ることができます。親族のみで故人を見送りたいと考えるのであれば、家族葬も検討してみるとよいでしょう。

一般的な葬儀会社

男の人

一般葬や家族葬、仏式やキリスト教式など、様々なお葬式を専門に行っているのが、一般的な葬儀会社です。柏原には地域密着タイプの葬儀会社もあり、できるだけ葬儀費用を抑えて柏原で家族葬をしたい場合に便利です。

もっと読む

無宗教葬の仕組みと流れ

合掌

近年、柏原の葬儀で増えつつある無宗教葬と家族葬は、故人や遺族の意思を尊重したものです。無宗教葬は、宗教や宗派に捉われず自由な形の葬儀を行うことができます。家族葬は、参列者を絞って行うため、費用をおさえ時間を短縮することができます。

もっと読む

参列のマナーを確認

数珠と線香

柏原市で家族葬が催された際、これに参列するか否か悩んでしまう方もいるでしょう。もし遺族から直接的に参列するように依頼があれば弔問しても問題ありません。また訃報連絡を受けたときに、併せて葬儀場所や日時の情報が載せられており、かつ参列辞退のお願い等がなければ弔問可能になります。

もっと読む